• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387

a

a

a

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 新入社員や、GW明けの社会人がなりやすいと言われている五月...
皆さん、こんにちは。 花粉に悩まされる時季がやってきましたね。 今年の花粉飛散...
皆さん、こんにちは。今は一年で最も寒い時季で、風が強い日なんて本当に外に出る...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方基礎知識

ホーム>漢方大辞典>中国漢方の豆知識 中国漢方の特長

中国漢方の特徴

長い歴史を持ち医学としての治療体系が確立している

中国漢方は中国古代の素朴な自然弁証思想によって発展してきました。精気学説、陰陽学説、五行学説という3つの古代思想が中国漢方理論の支柱となっています。そして2000年以上の歴史の中で多くの中医師たちの経験によって中国漢方独自の生理、病因、病態、診断、治療が形成されてきました。現在の中国漢方の治療体系は以下の通りで、病因によって病態になった人体を中国漢方独特の四診という方法で診断し、弁証と言う方法で証を決めて証に従って処方を決定します。基本的な考え方や病態の捕らえ方は西洋医学と異なりますが、治療の流れは西洋医学とほぼ同等で、医学としての完成度が高いことがわかります。
 

中国漢方の治療体系

人体と自然界、社会はつながっています

古代の中国人は自然界の現象を観察して人体でも同じような変化がおきていると考えました。俗に「自然界は大宇宙、人体は小宇宙」と言われる理由もここにあります。例えば自然界で風が吹けば木の葉がゆれる事を見て、人体の中でも風が吹けばめまいやふらつきがおきると考えました。このような考え方を天人合一と呼んでおります。また季節や地域の違いによって人体に異なる変化が現れることを観察して、季節や地域による養生法や処方の変化も考えられてきました。このような考えは西洋医学にはない中国漢方独自の特徴です。

病名治療ではなく証に従って治療します

中国漢方では疾病によって人体に表れた症状や顔色、舌、脈等の変化を分析して証を決定します。証とは疾病の過程の中である時期(診断時)の病態を指しております。西洋医学では同じ病気でも初期、中期、末期では証が異なるため当然使う漢方薬も変わってきます。これを同病異治と呼んでいます。また異なる病気でも同じような症状や顔色、舌、脈が現れることがあり、このような場合は異なる病気でも同じ漢方薬を使うことになります。これを異病同治と呼んでいます。病名でなく証に従って治療することは中国漢方の大きな特徴の一つです。

西洋医学を参考にして治療を行うことができる

中国漢方は西洋医学と比べて歴史や病体の捉え方まで大きな異なりがありますが、病気の治療においてお互いの良いところを組み合わせることはできます。中国では中西医結合といって両医学の良いところを組み合わせる方法が取り入れられており、中医病院でも西洋医学の検査が行われ、西洋病院でも中医科があります。当店でも相談を受ける際には中国漢方による診断、弁証に基づきながらも西洋医学の病名や検査値を参考にして処方を決定いたします。

予防医学が発達している

中国漢方には「未病を治す」という考え方があります。未病とはいわゆる半健康人に似ています。未だ病気にならずということで、病院で検査をしても異常がないのになんとなく体がだるい、やる気が出ない、いらいらする、頭が重い、手足がしびれる等の症状(一般に不定愁訴という)があるかたは多く見られます。中国漢方ではこのようなときでも症状や顔色、舌、脈等から体のひずみを捕らえて未病が病気にならないように予防します。

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る