• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387

a

a

a

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

経絡(けいらく)ストレッチヨガ教室が始まります中医学理論を取り入れたヨガで、...
昨年10月のNHKスペシャル番組「人体」において、現代科学の新たな研究成果が紹介...
皆さん、こんにちは。 当店店主の小島 晃と漢方アドバイザーの寇華勝先生が「統合...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方基礎知識

ホーム>漢方大辞典>漢方基礎知識−五臓について

五臓について

中国漢方では古来より内臓の働きを大きく五つのグループに分けて考えてきました。この五つのグループは心、肝、脾、肺、腎という名前がつけられており、五臓と呼ばれています。西洋医学の内臓と同じ名前ですが、中国漢方の五臓は解剖的な意味あいよりも、人体の働きや機能を五つに分類したものと考えられています。  
よって西洋医学の内臓理論と一致するところもみられますが、不一致の面もかなり見られます。五臓はバラバラに独立しているのではなく、それぞれ関連性を持っており、お互いに助けたり(相生)抑制したり(相克)しながらバランスをとっています。中国漢方の経験のエッセンスは五臓理論に蓄積されています。
そこで五臓の主な働きを以下の表に簡単にまとめてみました。五臓の名をクリックするとそれぞれの病気と漢方治療を確認できます。

五臓の主な働き 心 肝 腎 肺 脾

心の病気と漢方治療
脾の病気と漢方治療
肺の病気と漢方治療
腎の病気と漢方治療
肝の病気と漢方治療


お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る