• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387

a

a

a

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

テレビや雑誌などで度々話題になっているもち麦。つい最近のテレビでも放送されて...
7月26日(木) 10:00〜11:00『八宝茶体験教室』を行います『八宝茶』っ...
これから暑い日が続きそうですね疲れもたまりやすくなります 今回ご紹介するのは...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方大辞典

ホーム>漢方大辞典>過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(脾の病気)と漢方薬

過敏性腸症候群はストレスがかかると途端に顕著におなかの調子が悪くなり、 下痢、便秘、ガス過多などの症状が発症します。男性は下痢になりやすく、女性は便秘になりやすいという傾向があります。腹痛、腹部の不快感や吐き気、おう吐、げっぷ、おなかがゴロゴロとなる、食欲不振などの症状を伴うことがあります。過敏性腸症候群は自律神経失調症の一症状と考えられており、症状により下痢型、便秘型、交代型、ガス型に分けられます。 中国医学では腸の働きは肝の疎泄により調節されていると考えています。治療としては肝の疎泄を調節してストレスを和らげ、腸の働きを正常にします。
ストレスが強く、張りや痛みを改善する開気丸、柴胡桂枝湯、四逆散などが効果的です。便秘型には九味檳榔湯、大柴胡湯などを併用します。下痢型には参苓白朮散、六君子湯、真武湯などを併用します。痛みが強いときは小健中湯、桂枝加芍薬湯、大健中湯などを併用すると効果的です。

▲ページトップへ戻る

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る