• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387

a

a

a

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

経絡(けいらく)ストレッチヨガ教室が始まります中医学理論を取り入れたヨガで、...
昨年10月のNHKスペシャル番組「人体」において、現代科学の新たな研究成果が紹介...
皆さん、こんにちは。 当店店主の小島 晃と漢方アドバイザーの寇華勝先生が「統合...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方基礎知識

ホーム>漢方大辞典>漢方基礎知識 気・血・水について

気・血・水について

気・血・水(津液)は人体の生命活動を維持するための重要な物質であります。いずれも水穀の精微物質を基礎として化生して作られます。
「病は気から」といわれますが、気が滞れば血と水も滞ります。気が不足すれば血と水も不足したり運行がうまくいいかなくなります。このように気・血・水は互いに影響しています。
気・血・水の量が十分にあり、運行がスムーズで協調しておれば人体は健康でありますが、どこかに問題があれば様々な病気や不快な症状があらわれます。

※気・血・水の文字をクリックして下さい。

五臓の主な働き

気について
血について
水について

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る