• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387

a

a

a

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

テレビや雑誌などで度々話題になっているもち麦。つい最近のテレビでも放送されて...
7月26日(木) 10:00〜11:00『八宝茶体験教室』を行います『八宝茶』っ...
これから暑い日が続きそうですね疲れもたまりやすくなります 今回ご紹介するのは...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方大辞典

ホーム>漢方大辞典>慢性肝炎

慢性肝炎

慢性肝炎(肝の病気)と漢方薬

慢性肝炎は肝臓自身の病気でさまざまな原因があります。多く見られる原因は肝炎ウィルス、脂肪肝、アルコール、ストレスなどです。急性肝障害は一過性で劇症化を回避できれば予後は良好でほとんどの場合後遺症を残しませんが、ウィルス性肝炎は肝硬変になりやすく、本人の自覚症状がないうちに徐々に進行していくケースがみられます。特にC型肝炎肝硬変から肝臓ガンになりやすく、インターフェロンが奏効する一部の人を除いては良い治療法が見つかっていません。日本では一時期慢性肝炎に小柴胡湯という漢方薬が良く使われましたが、体質や証を無視して使ったため副作用が出てしまいました。
中国医学では慢性肝炎の治療はさまざまな経験があり、病気の時期や体質によっていろいろな薬草を組み合わせて治療すれば、副作用もなく非常に良い効果が得られます。 製剤としては中国では片仔廣が有名で、日本人の体質に合わせた廣禅顆粒はどのような肝炎にも一定の効果が期待できます。
脇の張りや吐き気、食欲不振があるときは小柴胡湯、大柴胡湯、柴胡桂枝干姜湯、などが効果的です。ストレスが強くイライラするときは加味逍遥散、星火逍遥丸が効果的です。倦怠感が強いときは、体力をつける補中益気湯、十全大補湯などが効果的です。慢性化して肝の陰血が不足した場合は杞菊地黄丸、婦宝当帰膠が効果的です。慢性肝炎は病態の性質上、必ず瘀血があるといわれているので冠元顆粒血府逐淤丸を併用すると肝硬変になることを防ぐことができます。

*漢方コラム「片仔廣工場見学記」も参照してください。

▲ページトップへ戻る

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る