• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387

a

a

a

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

テレビや雑誌などで度々話題になっているもち麦。つい最近のテレビでも放送されて...
7月26日(木) 10:00〜11:00『八宝茶体験教室』を行います『八宝茶』っ...
これから暑い日が続きそうですね疲れもたまりやすくなります 今回ご紹介するのは...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方大辞典

ホーム>漢方大辞典>高血圧

高血圧

高血圧(肝の病気)と漢方薬

高血圧のほとんどは原因不明の本態性高血圧症といわれるものですが、甲状腺機能亢進症や腎血管狭窄などの病気のために高血圧になっている二次性高血圧もあります。 なぜ血圧を下げないといけないかというと、血圧が高い状態が続くと正常血圧の人にくらべ脳梗塞、心肥大、心筋梗塞、狭心症、腎不全などの血管の動脈硬化による合併症が発生する確率が高いからです。
西洋薬は血圧を下げる力は強いのですが、血液をきれいにして動脈硬化を予防する方面は十分ではないようです。
中国医学では血圧を下げるだけでなく、体質を改善し、血液をさらさらにして合併症の予防を行うことも重視しています。
頭痛やのぼせがある場合は、肝陽の亢進を抑える釣藤散、降圧丸、杞菊地黄丸などが効果的です。ストレスが強くイライラする場合は、肝の疎泄をよくする大柴胡湯、柴胡加竜骨牡蛎湯や、肝火を冷ます竜胆瀉肝湯、黄連解毒湯などが効果的です。 血圧が高い方は血液がドロドロで、動脈硬化になりやすいので、瘀血を改善する冠元顆粒松寿仙を併用すると効果的です。

▲ページトップへ戻る

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る