• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387

a

a

a

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

経絡(けいらく)ストレッチヨガ教室が始まります中医学理論を取り入れたヨガで、...
昨年10月のNHKスペシャル番組「人体」において、現代科学の新たな研究成果が紹介...
皆さん、こんにちは。 当店店主の小島 晃と漢方アドバイザーの寇華勝先生が「統合...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方大辞典

ホーム>漢方大辞典>自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症(肝の病気)と漢方薬

自律神経失調症は不定愁訴とも呼ばれ、具合が悪いのに病院で検査してもらっても異常が見つからない病気です。症状としては頭が重い、めまい感、胸の圧迫感、息苦しい、動悸、不安感、いらいら、集中力の低下など人によって様々で、ひとつだけでなくいくつか重なって症状があらわれる事も多くみられます。他人にも症状をうまく説明しにくく、そのため「気のせいでしょう」と言われてしまう事もあるようです。
中国医学ではストレスや環境の変化などによって肝の疎泄の働きが乱れて気が滞り、いわゆる気持ちがよくない状態になり、自律神経失調症になっていくと考えています。病は気からという理由もここにあります。
治療としては肝の疎泄をよくして胃腸を整え、神経を落ち着かせる薬草を組み合わせます。
ストレスを和らげ、肝の疎泄をよくして神経を落ち着かせる星火逍遥丸、抑肝散、柴胡桂枝干姜湯、柴胡加竜骨牡蛎湯などを症状にあわせて使うと効果的です。肩こりや頭痛があるときは冠元顆粒、血府逐淤丸などが効果的です。寝つきが悪いときは酸棗仁湯、天王補心丹、温胆湯などが効果的です。
この段階ですと比較的治りやすいですが、症状が進行して神経性胃潰瘍、過敏性腸症候群、メニエール、狭心症、精神病などに発展していくと治りにくくなり、漢方薬も症状に合わせていろいろ工夫していく必要が出てきます。

▲ページトップへ戻る

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る