• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 新入社員や、GW明けの社会人がなりやすいと言われている五月...
皆さん、こんにちは。 花粉に悩まされる時季がやってきましたね。 今年の花粉飛散...
皆さん、こんにちは。今は一年で最も寒い時季で、風が強い日なんて本当に外に出る...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>自分で治す風邪の初期治療

風邪について −自分で治す風邪の初期治療−

 一般に漢方薬は速効性が少ないと考えている方が多いようですが、決してそのようなことはございません。慢性病を治療したり体質改善を行なう場合は時間がかかりますが、風邪のような急性病には速効性があります。昔は抗生物質や解熱剤はなかったのですべての病気を漢方薬で治しました。

 「風邪は万病の元」といわれるように昔の人は風邪の治療を大変重視していました。中国の漢の時代には傷寒論という有名な風邪の治療書が書かれ、清の時代には温病論という風邪の治療法が発明されました。

 このような発展をしてきて現在は風邪の初期治療からこじらせた風邪、風邪を予防する体質改善まで幅広い治療法が出来上がっています。その中で今回は初期治療についてお話します。

 漢方では風邪の初期は赤い風邪青い風邪に分けて考えます。

 赤い風邪は咽が赤く腫れて痛み・口が渇きます。発熱があり寒気はあまりありません。炎症を抑えて熱を冷ます治療法を使います。「天津感冒片」を「板藍根」と合わせて初期に服用すると速効が得られます。

 青い風邪はぞくぞく寒気がします。肩から首筋がこって関節が痛みます。体を温めて発汗する治療法を使います。「葛根湯」を「しょうが湯」と合わせて使うと汗が出てすぐに治ります。

 紙面の関係上こじらせた風邪や体質改善についてお話できませんが、適切な漢方薬を初期に使って治せば抗生物質等の化学薬品を服用する機会はずっと減ってくることでしょう。

掲載:マイドゥー 2001年1月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る