• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 新入社員や、GW明けの社会人がなりやすいと言われている五月...
皆さん、こんにちは。 花粉に悩まされる時季がやってきましたね。 今年の花粉飛散...
皆さん、こんにちは。今は一年で最も寒い時季で、風が強い日なんて本当に外に出る...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>不妊症と基礎体温(7)

不妊症と基礎体温(7)

 前回は低温期の体温が高く、排卵が早い基礎体温表についてお話しました。今回は具体的な漢方治療についてお話します。低温期の体温が高く排卵が早い方で問題となるのは、FSHが高いケースです。このような方は、卵巣機能が低下して、更年期のホルモンバランスに近くなっています。

 中医学では卵巣機能の低下は腎虚と考えます。腎虚には腎陰虚と腎陽虚がありますが、低温期の体温が高く排卵が早い方は典型的な腎陰虚といえます。肝腎の陰を養い、心肝の陽を鎮める漢方治療を行ないます。卵子の質を良くするために、特に低温期の漢方薬が重要になります。

 私が肝腎の陰を補う効果を実感している漢方薬は、生地黄の絞り汁を主薬とした瓊玉膏、杞菊地黄丸、瀉火補腎丸、二至丸などがあります。さらに症状によって、滋陰安神の天王補心丹、酸棗仁湯、脾の気陰を補う参苓白朮散、肝の鬱熱を鎮める加味逍遥散、温清飲などを併用します。個人の体質や基礎体温の状況、血液検査の結果などを参考にして適切に配合することが大切です。

 さらに漢方サプリメントとして、陰を養い濁を除き卵子の質を良くする紅沙棘や腎の陰陽を補い卵子の質を良くする海精宝を併用すると効果が良くなります。通常は下記のような周期療法で、卵子の質を高め適切な排卵を導くことで、基礎体温が正常に近づいていきます。


生理期: 瓊玉膏+二至丸+血府逐淤丸など

低温期: 瓊玉膏+二至丸+杞菊地黄丸など

高温期: 十全大補湯+加味逍遥丸+参馬補腎丸など


このタイプで一番難しいのは、医原性の卵巣機能低下です。つまり、排卵誘発剤の長期使用や体外受精を繰り返すことで、卵巣に負担がかかり卵巣機能が低下している方です。原始卵胞の消耗が激しいと、漢方薬の効果が得られにくいこともあります。治療原則は上記の方法に準じますが、十分な効果が得られるまで補腎薬の量を増やす必要があります。


お客様の声:30代 女性


[漢方薬を飲んだ感想]

 体外授精を何度繰り返しても妊娠に至らず、漢方薬の周期療法を始めました。子宮の血行を良くすることが大切だと知り、薬を服用するだけでなく、食生活を見直し、お腹を温かくすることを心がけました。

 それまで行ってきたIVF(体外授精)でも、採卵数が少なかったり、分割が遅かったりしていたのですが、漢方薬を飲み始めた翌周期のIVFでは、良質な卵が採卵でき、分割もスムーズに進み、その周期は凍結し、翌周期にET(卵を子宮に戻す)し、結果、妊娠・出産に至りました。

 妊娠中も血行を良くするために、婦宝当帰膠を飲み続けました。また、妊娠の後期には全前置胎盤ということで安静にし、帝王切開にて出産しました。本日一ヶ月検診で、子供も順調に育っているとのことで、一安心です。

 私にとって、漢方薬の周期療法に出会えてことは本当に良かったと感謝しています。ありがとうございました。漢方薬もさることながら、小島薬局のスタッフの皆様のあたたかな真心にはげまされました。


[薬局からのひとこと]

 S.Kさんは4年間病院に通っており、タイミング療法、ホルモン療法、体外授精を9回行いましたが、妊娠にいたりませんでした。婦宝当帰膠を中心とする周期療法を行い、服用してわずか2周期目に体外授精が成功しました。非常に体質が弱い方なので、妊娠6ヶ月まで婦宝当帰膠や安胎の漢方薬を飲んで無事出産できました。

掲載:マイドゥー 2009年9月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る