• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 花粉に悩まされる時季がやってきましたね。 今年の花粉飛散...
皆さん、こんにちは。今は一年で最も寒い時季で、風が強い日なんて本当に外に出る...
皆様、新年明けましておめでとうございます!年末年始といかがお過ごしたか?小島...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>ペットと漢方薬

ペットと漢方薬

 今年も残すところわずかとなりました。今回はいつもとテーマを変えて、ペットと漢方薬についてお話します。

 近年はペットを家族のように扱っている方が増えてきて、ペットにも副作用の少ない漢方薬の服用を希望する方が増えてきています。私の店でもご相談を受けて漢方薬をお勧めすることがありますが、とても効果があります。ペットもストレスがあるといわれますが、人間に比べるとシンプルなことが多く、1種類〜3種類くらいの漢方薬の組み合わせでよい効果が得られます。

 漢方薬の選択はペットの種類(犬・猫が中心です)、大きさ、毛並み、病名と病気の経過などから判断します。小型犬や猫は人間の1/2〜1/3の量で効果がありますが、大型犬は人間に近い量を使うこともあります。

 漢方薬は様々な病気に効果がありますが、皮膚病、アレルギー、便秘、下痢、糖尿病、心臓病、腎臓病、慢性疲労、結石、口臭、癌などは特に効果が期待できます。以下の症例を紹介します。


18歳の小型犬

 主訴は肝機能と腎機能の低下、慢性膀胱炎です。体力の低下が著しく、常に尿に細菌が繁殖して尿が臭く、抗生物質も効かなくなっています。参苓白朮散と清心蓮子飲を併用して1ヶ月で非常によい効果がありました。その後体力強化のために麦味参顆粒を加えて元気になっています。


11歳の小型犬

 主訴は網膜変性症による視力低下と目やにです。だんだん視力が低下してきて、よく物にぶつかります。杞菊地黄丸と冠元顆粒を併用して2ヶ月で目の光の反応が改善しました。目やにもなくなり、すでに5年間服用を継続しています。


8歳の大型犬

 主訴は慢性湿疹です。1年前より痒みがひどくなり、毛ごと引っかいて皮膚がむき出しになっています。皮膚は赤くただれています。消風散と温清飲に松寿仙を併用して、2ヶ月の服用でほとんどきれいになりました。


 ペットの場合は、漢方薬の飲ませ方に工夫が必要です。以下の方法があります。


 1.粉薬を餌に混ぜて飲ませる。漢方薬が気になって餌を食べないときは、柔らかいチーズなどに包んで飲ませる方法があります。

 2.温湯に溶かして飲ませる。お湯で飲まないときは、ミルクに溶かしたり、少量のハチミツを混ぜると効果的です。それでも飲まないときは、スポイトを使いましょう。


 ペットは人間に比べて、漢方薬の反応が早いようです。ぜひかわいいペットに漢方薬をお試しください。

掲載:マイドゥー 2010年1月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る