• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

来たる12月12日(火)午前10:00〜11:30小島薬局本店2階にてヨガ教室を...
皆さん、こんにちは。 漢方医学には「以臓補臓」という考え方があります。これは...
皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。 去る10月22日(日)に、俵IVFク...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>手相漢方(6)

― 手相漢方(6) ―

 今回は慢性肝炎について解説します。慢性肝炎は、何らかの理由で肝臓の炎症が6か月以上続いている状態をいいます。慢性肝炎のほとんどはB型・C型肝炎ウイルスの感染が原因となっています。C型肝炎ウイルスは輸血をはじめ血液を媒介とした接触で感染し、C型肝炎にかかった人の3分の2が慢性肝炎へと進みます。B型肝炎ウイルスは輸血や性行為・出産時の母子感染などで感染し、B型肝炎ウイルスのキャリア(ウィルス保持者)の一部の方が慢性肝炎に進みます。肝炎ウイルス以外にも慢性肝炎の原因となる疾患は様々あり、脂肪肝・アルコール性肝炎・薬物性肝炎・自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変などがあげられます。慢性肝炎が数年から数十年続くと肝硬変に進み、さらに肝臓ガンになることがあるので、注意が必要です。

 西洋医学では、ウイルスの種類によって分類し、インターフェロンなどでウイルスを減らすことを目的としています。しかし、インターフェロンには重い副作用があり、慢性化した場合に肝臓を保護して肝機能を維持させる西洋薬は限られています。一方、漢方医学は免疫力を高めて肝臓を保護し、肝炎の進行を防止することを得意としています。

 掌紋医学では、主に肝分線、健康線、障害線、肝臓の対応区を診て、肝臓の状態を判断します。[図1]は慢性肝炎の方によく見られる掌紋です。

[図1]

※画像をクリックすると拡大します

★肝分線(二重感情線)が深いことは肝機能の低下を意味しています。また、肝分線に〆(島)や障害線がある場合は肝炎が進行していることを意味します。

★肝分線が感情線や生命線を横切る場合は、慢性肝炎が肝硬変や肝臓ガンに進行している可能性があります。

★健康線が曲がりくねっている場合は肝機能の低下を意味しています。このような健康線が肝分線に繋がっている場合は、慢性肝炎が肝硬変や肝臓ガンに進行している可能性があります。

★生命線と知能線の間の肝臓の対応区に十(バツ)や♯(シャープ)がある場合は、肝臓に炎症があることを意味しています。


 慢性肝炎の予防に効果的な漢方製剤は多くあります。中国で肝炎の治療といえば片仔廣が有名です。片仔廣が日本人に合わせて開発した廣禅顆粒は肝炎の予防および治療に最適です。さらに、中国では古くから免疫を高めて肝機能を高めるときにキノコを使います。キノコ製剤の中でも、シイタケ菌糸体や霊芝はとても効果的です。また、慢性肝炎や肝硬変の方は血液が汚れて必ず

掲載:マイドゥー 2010年7月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る