• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。本日、小島薬局漢方堂は小島薬局本店と...
皆さん、こんにちは。 平成29年9月25日(月)に「小島薬局漢方堂」が「小島薬局本...
皆さん、こんにちは。 梅雨が明けると夏本番となり、暑さも増してきますね。夏に...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>子宮筋腫について

子宮筋腫について −手術を受けたくない方へ−

 子宮筋腫は女性の5人に1人は持っているといわれるほどポピュラーな疾患です。しこりを発見すると「ガンでは」と心配する人もいますが、子宮筋腫はガンと違って良性ですし、将来ガン化する心配もありません。子宮筋腫が大きくなるのは女性ホルモンが関係しているといわれますが、詳しいことはわかっていません。ただ、近親者に子宮筋腫の人がいると自分もなりやすいようです。

 筋腫が小さいうちはほとんど症状がありませんが、握りこぶし大になると痛みや貧血などさまざまな症状が現われます。

 子宮の内側にこぶがふくれてくると、生理痛や生理出血が多く止まりにくいという症状が現われます。こぶが外側にふくれて腸や膀胱を圧迫すると、便が出にくい、頻尿や尿が出にくいなどの症状が現われます。あまり大きすぎたり不正出血がひどい場合には手術も必要ですが、そうでなければ淤血(血液の汚れ、滞り)を除きながら体質改善していく漢方治療は有効です。

 漢方医学では子宮筋腫は痛む、しこる黒ずむという淤血の特徴がはっきり現われています。淤血を改善して筋腫の塊を小さくする作用のある桂枝茯苓丸爽月宝が効果的です。ピンポン玉より小さいときは消失することもあります。出血過多で貧血気味の方はキュウ帰膠艾湯婦宝当帰膠を併用します。

 普段の生活では体を冷やさないようにして、適度な運動で血行をよくしてください。

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る