• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 この度、漢方堂店主の小島 晃が横浜薬科大学の客員教授に就...
皆さん、こんにちは。 新入社員や、GW明けの社会人がなりやすいと言われている五...
皆さん、こんにちは。 花粉に悩まされる時季がやってきましたね。 今年の花粉飛散...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>男性不妊について

― 男性不妊について ―

去る3月10日に大阪で行われた不妊カウンセラー学会に漢方スタッフの田中友也が参加しました。その際に男性不妊の専門医として有名な石川智基先生が男性不妊の講演をされました。

石川先生によると、不妊症の原因は男女半々の確率ということです。ですから、『不妊治療は、夫婦揃って行うべき』とハッキリと言われていました。近年は明らかに精子の質も低下しているが、男性不妊専門の医師が少ないため、精子の問題が見逃されているとの事です。


卵子は年齢により質が低下しやすいですが、精子は年齢よりも酸化ストレスにより質が低下します。

酸化ストレスに侵された精子では、DNA損傷が起こりやすく、妊娠率の低下や流産の原因になるということです。精子の酸化ストレスの一番の原因はタバコですので、禁煙は大切です。その他に睡眠不足、ストレス、重金属、肥満などがあるそうです。さらに精子は高温環境に弱いため、ブリーフよりトランクスが良く、サウナへの入室も避ける事が望ましいそうです。

さて、精子は溜めたほうが良いという説と時々射精した方が良いという説がありますが、結論から言うと定期的に射精した方が良いそうです。禁欲期間が長いと、精巣で作られる精子も死んでいくため、精子のDNA損傷のリスクが高まります。5〜7日溜めると、精子のDNA損傷は約2倍になるそうです。

自然妊娠に大切なのは精子の量よりも質にあるので、週に3回以上射精したほうが望ましいそうです。


つまり、精子の質を良くして、性交渉回数を増やすことが、自然妊娠のためにはとても重要になります!


さて、漢方薬の治療としては、〇晴修鯔匹精子の質を良くする、∪沙劼凌瑤鯀やす、K峙能力を高める、ということがあります。

の勃起能力を高めるということについては、バイアグラやレビトラなどの西洋薬が効果的です。ストレスで勃起不全になる方は、柴胡製剤や牛黄製剤などの漢方薬が効果的です。

一方、,了晴修鯔匹精子の質を良くする、△寮沙劼凌瑤鯀やす、ということについては、西洋薬は良い薬がなく、漢方薬が得意としています。酸化を防ぎ精子の質を良くする漢方薬としては、アルフラット(亜鉛・セレン・紅景天製剤)、北樹王(亜鉛・セレン・マカ製剤)が素晴らしいです。精子の数を増やす漢方薬としては、益精(牡蠣肉・鹿茸・アリ製剤)、イーパオ、至宝三鞭丸などの動物性補腎薬が効果的です。



男性不妊については漢方薬が得意としていますで、不妊症でお悩みの方はぜひご夫婦でご相談ください!


掲載:マイドゥー 2013年5月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る