• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。本日、小島薬局漢方堂は小島薬局本店と...
皆さん、こんにちは。 平成29年9月25日(月)に「小島薬局漢方堂」が「小島薬局本...
皆さん、こんにちは。 梅雨が明けると夏本番となり、暑さも増してきますね。夏に...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>花粉症の予防について

−花粉症の予防について−

今回は花粉症の予防についてお話します。

ウェザーニューズによりますと今年の花粉症は平年(2008年〜2013年の平均飛散量)と比べて、全国平均で1割程度増加する予想になっています。2013年は非常に飛散量が多く、今年は昨年よりは少ないとの報告もありますが、静岡県は昨年並みと予想されています。

さて、花粉症の症状はクシャミ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみや充血、咳、湿疹、発熱、倦怠感などがありますが、花粉が飛んでいても全く症状が出ない方もいます。症状が出る方と出ない方の違いは何でしょうか?

漢方医学では体質の違いと考えます。つまり、発症前から体質を改善すると、花粉が飛散しても症状が出にくくなるわけです。

体質改善のポイントは五臓(特に肺・脾・腎)の強化と宿邪の除去にあります。宿邪とは、体内に潜んでいる病邪(炎症物質・免疫複合体・ウイルスなど)です。花粉症などのアレルギー疾患や免疫疾患の方は慢性的に宿邪があり、体調や季節によって症状が発症すると考えています。 抗アレルギー薬などでヒスタミンを抑えることも一つの方法ですが、漢方医学では宿邪である風邪や湿邪などを排泄することで根本から改善します。

宿邪の除去は、症状によって小青竜湯、麻黄附子細辛湯、荊防敗毒散、銀翹散、越婢加朮湯などを使い分けると大変効果的です。粘膜を強化して肺・脾を強化する衛益顆粒も早めに服用すると大変効果的です。



花粉症でお困りの方は、まずはフリーダイヤルにお電話ください。


掲載:マイドゥー 2014年2月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る