• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

来たる12月12日(火)午前10:00〜11:30小島薬局本店2階にてヨガ教室を...
皆さん、こんにちは。 漢方医学には「以臓補臓」という考え方があります。これは...
皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。 去る10月22日(日)に、俵IVFク...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>慢性湿疹について

−慢性湿疹について−

今年の夏は暑いですね。暑い日が続くと皮膚病の方が増えてきます。 皮膚病ははっきりとした原因が分からない方も多く、アトピーと自分で判断されて来店された方でも話を聞くとアトピーでなく慢性湿疹というケースも多くあります。アトピーには特徴のある左右対称の皮膚病変と痒みがあり、アレルギー素因を持つことも参考項目となっています。 アトピーと慢性湿疹は経過や予後に違いがありますが、漢方薬は体質(証)に合えばどのような湿疹でも良い効果が期待できます。
漢方薬を選ぶ際には


“乕罎両態と発症してからの経過
⊃欲や便通、排尿などの全身症状


の両方をしっかりと見立てることが大切です。その上で皮膚科を受診している場合は、その診断を参考にします。


皮膚病変で最も重視することは、滲出液の有無です。滲出液がある慢性湿疹はカサブタができますので、滲出液の色やカサブタの状態が見立てで大切になります。黄色い滲出液は「湿熱証」になり、湿熱を改善して滲出液をなくすことを最優先します。その次は皮膚の色や乾燥の有無になります。赤みが強ければ清熱解毒薬の量を多くして、炎症や痒みをの改善を優先します。
滲出液や炎症が改善すると、いよいよ体質改善の漢方薬を増やしていきます。特にアトピーや慢性湿疹は、漢方薬で皮膚の状態が良くなっても季節変化や食事内容、ストレスなどで再発しやすい方が多いです。
漢方薬できちんと体質改善することで、再発しにくくなり、根本から改善することができます。


漢方堂では長年の悩みが解消した方も多くおり、たくさんの喜びの声をいただいています。
漢方薬は皮膚病の改善も得意としていますので、なかなか治らなくてお悩みの方は一度ご相談ください。


掲載:マイドゥー 2014年9月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る