• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

来たる12月12日(火)午前10:00〜11:30小島薬局本店2階にてヨガ教室を...
皆さん、こんにちは。 漢方医学には「以臓補臓」という考え方があります。これは...
皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。 去る10月22日(日)に、俵IVFク...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>胃腸虚弱について

胃腸虚弱について −体質を変えて胃腸を丈夫にする方法−

 暑い夏になり胃腸が弱い人にはつらい季節になってきました。胃腸虚弱は病気ではないのですが、胃腸の働きが弱いために、食べ過ぎや飲み過ぎ、 冷たい物を飲んだりするとすぐに消化不良下痢をおこします。病院で検査をしても大きな異常はない人も多く、軽い胃炎や胃下垂、神経症と言われることが多いようです。このような場合には漢方薬が非常に有効です。

 中国漢方では胃は食物や水分を受納、消化して小腸に降ろし、脾が栄養成分を吸収して気血を作り全身を栄養すると考えています。このように脾胃は気血を生み出す大切な臓器として昔から多くの治療法や養生法が考えられています。

 胃腸を丈夫にするためには六君子湯、香砂六君子湯、参苓白朮散、人参湯などの益気健脾剤を体質や症状に合わせて使い分けます。消化が悪いときは三仙茶、平胃散などを併用します。お腹が冷えてぽちゃぽちゃ水の音がするときは胃苓湯や苓桂朮甘湯、真武湯などを使います。胸焼けがひどいときは半夏瀉心湯、温胆湯などを使います。ストレスが強く神経質な人には開気丸、柴胡桂枝湯などを使います。

 体質と漢方薬が合えば徐々に胃腸は丈夫になり、食欲や体力が改善して、長年の胃腸虚弱も改善していきます。

 胃腸が弱い人は夏でも生物や油物、冷たい飲み物を避けて、できるだけ加熱調理した消化によい食べ物をとるように心がけてください。

掲載:マイドゥー 2001年8月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る