• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。 去る10月22日(日)に、俵IVFク...
皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。本日、小島薬局漢方堂は小島薬局本店と...
皆さん、こんにちは。 平成29年9月25日(月)に「小島薬局漢方堂」が「小島薬局本...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>子宮内膜症は漢方で改善しましょう!

子宮内膜症は漢方で改善しましょう!

今回は子宮内膜症についてお話します。子宮内膜症は本来であれば子宮の内腔にしかできない子宮内膜が別のところで出来てしまい生育してしまう疾患です。子宮の内腔にあれば生理の時に排出されますが、卵巣や子宮筋層、腹腔などに出来ると出口がないため血が溜まります。卵巣で血が溜まるとチョコレート嚢腫となり、子宮筋層で血が溜まると子宮腺筋症になります。いずれも放っておくと悪化する可能性がありますので、適切な治療が必要になります。

子宮内膜症の溜まった血は色が黒っぽくなりますが、このような血のことを漢方医学では「お血」と呼んでいます。

子宮内膜症の方は必ず局所に「お血」がありますので、「お血」を改善することが子宮内膜症の根本治療になります。

「お血」には冷えやストレス、食生活の乱れ、肥満などいろいろな原因がありますので、しっかりと診たてを行い原因に合わせて「お血」を改善することが大切になります。

さて、子宮内膜症の血の溜まりは生理と同じ原理ですので、ホルモンの影響を受けています。よって西洋医学では、手術を行うか生理を止めることが治療法となります。いずれの方法も根本治療ではないので、再発の可能性があります。また、妊娠を希望している方は生理を止めてしまうと妊娠できないので、不妊症で子宮内膜症を併発している方は西洋医学では良い方法がありません。

一方、漢方医学の「お血」を治す方法は根本的な体質改善であり、妊娠にとっても有利になります。 漢方医学の経験では「お血」を改善すると子宮内膜症も改善されていきます。私の経験でも「お血」を改善する漢方薬は子宮内膜症の自覚症状並びに他覚症状の改善にとても良い効果があります。 子宮内膜症でお悩みの方は、ぜひ一度漢方薬をお試しください!


掲載:マイドゥー 2016年2月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る