• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 花粉に悩まされる時季がやってきましたね。 今年の花粉飛散...
皆さん、こんにちは。今は一年で最も寒い時季で、風が強い日なんて本当に外に出る...
皆様、新年明けましておめでとうございます!年末年始といかがお過ごしたか?小島...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>漢方薬でストレス解消しましょう!

漢方薬でストレス解消しましょう!

春は自然界全てのものが成長し、変化を迎える季節です。人間の体も同じように変化を受けて新陳代謝が活発になり、冬に溜まった毒素を排泄しやすくなります。

漢方医学ではこの季節に最も影響を受けやすい臓器は「肝」と考えています。「肝」は気の流れを調節する働きがあり、自律神経や精神の安定、胃腸の働きを調節します。ストレスが溜まると「肝」の働きが鈍り、自律神経のバランスを崩してイライラ、不安感、うつ、不眠、食欲の低下や過食、便秘と下痢を繰り返すといった症状が現れるようになります。


<「肝気鬱滞」のチェックリスト>
□ 怒りっぽく、イライラする
□ 憂うつで、落ちこみやすい
□ 疲れやすく、やる気がない
□ 食欲がない、または過食
□ 下痢や便秘を繰り返す
□ 寝つきが悪い、または睡眠中に目が覚めやすい


このような症状で当てはまるものが多い方は「肝」が疲れています。

安定剤や抗うつ剤、胃腸薬を飲んでも根本的な解決になりません。漢方薬で「肝」を強化すると、症状が改善して酷くならずに済みます。

「病は気から」と言われますが、「肝気」の巡りを改善する事でストレスからくる「気の病」を改善することができます。

気分が優れずにイライラ、不安感、うつ、不眠などが気になる方は、まずは漢方薬をお試しください!


掲載:マイドゥー 2016年3月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る