• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

来たる12月12日(火)午前10:00〜11:30小島薬局本店2階にてヨガ教室を...
皆さん、こんにちは。 漢方医学には「以臓補臓」という考え方があります。これは...
皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。 去る10月22日(日)に、俵IVFク...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>腸内フローラを元気にしましょう!

−腸内フローラを元気にしましょう!−

今年の1月に「たけしの家庭の医学」や「世界ふしぎ発見」で取り上げられた「腸内フローラ」が注目されています。

腸の中には無数の腸内細菌(微生物)が存在していて、その数は実に100兆匹以上、総重量に換算すると何と1kg〜1.5kgにもなるようです!これら腸内細菌が腸の中で広がっている様子が花畑(フローラ)に例えられ、「腸内フローラ」というように呼ばれています。

近年研究が進められていくうちに、腸内細菌、腸内環境はあらゆるガン、動脈硬化、糖尿病、アレルギー、うつ病などの精神病、肥満や老化のしやすさまでにも関係しているということがわかってきました。

この「腸内フローラ」のバランスが乱れる原因として、加齢と食生活の乱れ(高脂肪食)が上げられています。

便が出ない、もしくは便は出るがにおいが強い、色が黒っぽい、屁が臭い、お腹が張っている、などの兆候があれば悪玉菌が増え、腸内バランスが崩れているサインと言えます。

さて、漢方医学ではこのような状態を古くから「宿便」と呼んでいます。ですから「宿便は万病の元」と言われています。

当店では「腸内フローラ」を改善して「宿便」を排泄するために「イサゴールシリーズ」をお勧めしています。特に「イサゴール若葉」はサイリウム種皮に大麦若葉と発芽玄米を加え、さらに564臆5千万個の善玉菌(フェカリス菌500億個、ビフィズス菌50億個、ガッセリ菌12億5千万個、有胞子性乳酸菌2億個)が含まれており、「腸内フローラ」を整える効果が非常に優れています!

「宿便」がなくなり「腸内フローラ」が理想的になると、あらゆる病気の予防になります。大便の状態が気になる方は、ぜひお早めに当店にご相談ください!



掲載:マイドゥー 2016年4月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る