• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 花粉に悩まされる時季がやってきましたね。 今年の花粉飛散...
皆さん、こんにちは。今は一年で最も寒い時季で、風が強い日なんて本当に外に出る...
皆様、新年明けましておめでとうございます!年末年始といかがお過ごしたか?小島...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>秋バテに注意しましょう!

−秋バテに注意しましょう!−

9月は暦の上では秋ですがまだまだ暑い日が続きますね。それでも朝夕はだんだん涼しくなってきますね。

今年の夏は非常に暑かったので、体力低下や食欲不振など夏バテになった方も多いと思います。寝込んだりするほどの大きな症状もあまりないので、特別な対策を取らないで自然に体力が回復するのを待つ方が多いようです。

さて、最近の夏バテは、冷房で室内と外気温の差があまりにも大きいことが原因と言われています。その変化に体がついていけずストレスとなり、自律神経が乱れたり、冷房で体の芯が冷え切ってしまいます。

この疲れがたまると9月になって「秋バテ」になると言われています。


こんな症状が出てきたら『秋バテ』サイン!
/欲がなく胃がもたれる
疲れやすい、だるい
Nちくらみ、めまい
てがボーっとする
タ寡埖で、朝スッキリ起きれない


このような検査に現れない体調の不調こそ漢方薬が得意とする分野です!

漢方薬で自律神経を整えて、冷えを改善して血行を良くすることで「秋バテ」を改善することができます!

朝鮮人参と松葉、クマザサを配合した「松寿仙(しょうじゅせん)」は秋バテ解消に最適です。自己免疫の失調による慢性炎症がある方には「紫華栄(しかろん)」を併用するとさらに効果的です。

秋バテの症状にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください!


掲載:マイドゥー 2016年9月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る