• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 梅雨が明けると夏本番となり、暑さも増してきますね。夏にな...
皆さん、こんにちは。 この度、漢方堂店主の小島 晃が横浜薬科大学の客員教授に就...
皆さん、こんにちは。 新入社員や、GW明けの社会人がなりやすいと言われている五...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>梅雨時のつらい「むくみ」を改善しましょう!

−梅雨時のつらい「むくみ」を改善しましょう!−

梅雨になると、足のむくみ や手や身体がむくむ、なんとなくだるい。6月頃になるとそんな声をたびたび耳にします。梅雨は湿度が高くなることによって、皮膚表面から汗が蒸発しにくくなり、水分が排出されずに「むくみ」がおきやすくなります。また、梅雨は気圧が低くなり、ヒスタミンの分泌量が増えやすいと言われています。ヒスタミンは血管を拡張させ、血管から水分を周囲の組織にしみ出させるため「むくみ」の要因にもなるわけです。

なお、女性は男性より基礎代謝が低いため足から血も心臓に帰ってきにくく、一般的に女性のほうが脚のむくみの訴えが多いということになります。対策として“水はけの良い状態”をつくることが大切です。

<1>適度な運動や半身浴などで汗をかく
<2>塩分のとり過ぎ、お酒の飲み過ぎに注意する
<3>体を冷やさないようにする
<4>キュウリ、生姜、ネギ、瓜類などの発汗利尿作用のある食材をとる


さて、漢方では梅雨は「湿邪」が多いと考えます。この「湿邪」は「脾」を損傷して消化機能を低下させ、水湿運化機能が低下するため「むくみ」が発生するのです。

ですから、梅雨の「むくみ」は単純に尿を増やすだけでは改善しないと考えています。「脾」の働きを高め、血流を良くして、全身の代謝を高めることで「むくみ」を改善することができます。個々の体質にもよりますが、参苓白朮散や防已黄耆湯、勝湿顆粒などが良く使われています。

梅雨の「むくみ」でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください!



掲載:マイドゥー 2017年6月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る