• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 花粉に悩まされる時季がやってきましたね。 今年の花粉飛散...
皆さん、こんにちは。今は一年で最も寒い時季で、風が強い日なんて本当に外に出る...
皆様、新年明けましておめでとうございます!年末年始といかがお過ごしたか?小島...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>子供のアトピーについて

子供のアトピーについて −体質を改善して根本から治す−

 アトピー治療で有名なある漢方医は「治るアトピー」「治っても良いアトピー」「治らなくても良いアトピー」があるといっています。このことについて今回と次回の2回に分けて解説してみたいと思います。私は「治るアトピー」は乳幼児のアトピーを指しており、「治っても良いアトピー」は学童〜思春期のアトピーを指していると考えています。以下にその理由をお話したいと思います。

 まず、乳幼児のアトピーについては漢方薬による体質改善、離乳食の注意、スキンケアや入浴剤などを適切に使うとほとんど改善してしまいます。つまり「治るアトピー」といえます。漢方治療のポイントは胃腸をしっかりさせることにあります。この時期はステロイド軟膏のような強い薬は必要最小限にとどめる方が望ましいと思われます。生後3〜4ヶ月くらいから漢方薬は服用することができます。

 次に学童〜思春期のアトピーについてですが、体質と皮膚症状をきちんと判断して正しい漢方治療を行うとかなりの確率で良くなります。漢方治療のポイントは急性期と慢性期に分けて漢方薬を使い分けることにあります。急性期様々な原因で皮膚に急性の炎症がおきる状態を指しますが、ステロイド軟膏を急に中止してリバウンドが起きたときも急性期の治療に準じます。皮膚の赤みや浸出液の量を見極めて炎症のレベルに合わせて漢方薬を使い分けると通常2週間〜1ヶ月でひどい炎症は治まってきます。慢性期は急性期に比べて炎症は少ないですが、乾燥肌が問題になります。胃腸の状態に気を配りながら皮膚を潤す漢方薬を使っていくと徐々にかゆみも改善して、皮膚の状態も良くなっていきます。つまり正しい治療法を行えば「治っても良いアトピー」といえます。正しい食生活とスキンケアを行い、寝不足に気をつけることが大切です。

 次回は「治らなくても良いアトピー」について解説いたします。

掲載:マイドゥー 2001年11月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る