• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 新入社員や、GW明けの社会人がなりやすいと言われている五月...
皆さん、こんにちは。 花粉に悩まされる時季がやってきましたね。 今年の花粉飛散...
皆さん、こんにちは。今は一年で最も寒い時季で、風が強い日なんて本当に外に出る...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>不妊症の周期療法(6)

不妊症の周期療法(6) ―高プロラクチン血症について―

 今回は高プロラクチン血症についてお話します。プロラクチンは乳腺を刺激して乳汁を分泌させるように働く催乳ホルモンです。高プロラクチン血症が不妊症の問題となるのは、視床下部の刺激ホルモンを抑制して、排卵障害や黄体機能不全を招くためです。つまりプロラクチンは排卵や妊娠を順調にする視床下部−脳下垂体−卵巣−子宮の反応のブレーキとなるわけです。高プロラクチン血症の方は授乳期でもないのに母乳が出ることがあります。一方検査で異常がなく母乳の分泌もないのですが、ストレスがあったときなどにプロラクチンが高くなる潜在性高プロラクチン血症もあり、やはり不妊症の原因となります。潜在性高プロラクチン血症はTRHテストという負荷テストでわかります。

 高プロラクチン血症を治療する西洋薬もありますが、副作用が多いことが問題になります。漢方薬では麦芽がプロラクチンを下げる作用があることが知られています。麦芽は授乳期の乳汁分泌を抑制して退乳させる時に使われていましたが、これが応用されて高プロラクチン血症に有効であることが中国で報告されております。生の麦芽より炒めた麦芽のほうが効果が高く、飲みやすいエキス顆粒も発売されています。

 基礎体温では低温期から高温期への上がりが悪い方や全体的に凹凸が多い方は高プロラクチン血症や潜在性高プロラクチン血症が多いといわれております。このような基礎体温の方に周期療法を行う際、炒めた麦芽を他の漢方薬と併用して使うと良い効果を得られることが多くみられます。

 身体に安全で副作用もほとんどない炒麦芽を服用してみてはいかがでしょうか。次回は不妊症のもう一つの原因である男性不妊についてお話します。

病名別漢方治療法「不妊症周期療法」も参照してください

掲載:マイドゥー 2002年7月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る