• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 梅雨が明けると夏本番となり、暑さも増してきますね。夏にな...
皆さん、こんにちは。 この度、漢方堂店主の小島 晃が横浜薬科大学の客員教授に就...
皆さん、こんにちは。 新入社員や、GW明けの社会人がなりやすいと言われている五...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>中国漢方ダイエット1

中国漢方ダイエット1 ―太る原因について―

 今回より正しいダイエットについてお話します。私がお薦めするダイエットは無理な食事制限などをせずに自宅で続けることができます。今回は太る原因について考えてみましょう。

 新陳代謝という言葉は聞いたことがあると思います。新陳代謝が活発であれば体内に入った食べ物が栄養として細胞にいきわたり、燃焼して不要な物は尿や大便、汗などより排泄されます。この代謝が活発で不要な物が排泄されるということが非常に重要です。体に取り入れられたエネルギーは1.基礎代謝2.生活活動代謝3.食事誘発性熱代謝によって燃焼されます。この代謝がうまくいかない状態を「産熱障害」といいます。体温が1℃下がると基礎代謝は約12%減少するといわれていますので、大変なことなのです。漢方医学ではこれを冷えにより気の働きが低下して、その結果血や水が停滞して老廃物が排泄されずに太ると考えています。

 1.の代謝をあげるためにはダンベル体操などの筋肉に負荷をかけて筋肉量を増やす運動が効果的です。2.の代謝をあげるためにはウォーキングや水泳などの有酸素運動が効果的です。3.の食事誘発性熱代謝はダイエットの上でとても大切ですがあまり知られていません。

 漢方医学では食べ物には温性食、寒性食、中性食に分けることができると考えています。温める食べ物は食事によって発生する熱が高く、ダイエットに良いといわれています。現代栄養学では食事のカロリーより消費されるカロリーの方が大きければ痩せると考えています。これは間違いではないのですが、新陳代謝や食べ物の性質などを考慮に入れないと思うような効果があがりません。

 次回はりんご型肥満と洋ナシ型肥満のタイプ別ダイエット法についてお話します。

掲載:マイドゥー 2003年6月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る