• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>中国漢方ダイエット2

中国漢方ダイエット2 ―りんご型肥満と洋ナシ型肥満―

 今回はりんご型肥満洋ナシ型肥満についてお話します。まずりんご型肥満ですが、ウエスト÷ヒップ=0.8以上(女性)1.0以上(男性)の方はこのタイプです。中年以降の男性に多く、ビール腹や中年太りなどと言われています。肉食や甘い物、辛い物などを食べ過ぎて、内臓に老廃物(漢方医学では血や湿熱と考えます)がたまり代謝が追いつかない状態です。

 一方、洋ナシ型肥満ですが、ウエスト÷ヒップ=0.8以下(女性)1.0以下(男性)の方はこのタイプです。思春期以降の若い女性に多く、それほど食べ過ぎてはいないのに下半身が太っていて、ひどいとむくみに近い状態になります。体の冷えているために代謝が悪く、痰湿(水毒や脂肪)がたまってしまいます。

 上記のようにりんご型肥満と洋ナシ型肥満では体質や症状が異なるため、当然ダイエットの方法も異なってきます。

 りんご型肥満は食べ過ぎや偏食などにより血や湿熱などの老廃物が体内にたまった状態ですので、代謝を高めながら老廃物を大便や尿、汗などから排泄することを中心に考えます。防風通聖散、大柴胡湯、温胆湯、通導散、田七などの漢方薬を体質に合わせて使い分けます。

 洋ナシ型肥満は気の不足により冷えが生じ、基礎代謝が低下して痰湿がたまっている状態ですので、体を温めて代謝を活発にすることを中心に考えます。防己黄耆湯、当帰芍薬散、二陳湯、六君子湯などの漢方薬を体質に合わせて使い分けます。

 いずれのタイプも代謝を高めて体脂肪を燃焼させることは共通しています。チベットで取れる柳茶という薬草に体脂肪を燃焼する効果が高いことがわかっており、この柳茶を主薬とした三爽茶はどちらのタイプでも効果があります。

掲載:マイドゥー 2003年7月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る