• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

来たる12月12日(火)午前10:00〜11:30小島薬局本店2階にてヨガ教室を...
皆さん、こんにちは。 漢方医学には「以臓補臓」という考え方があります。これは...
皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。 去る10月22日(日)に、俵IVFク...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>中国漢方とアレルギー4

中国漢方とアレルギー4 ―ステロイド軟膏について―

 今月は日頃相談の多いステロイドについてお話します。ステロイドには解熱消炎鎮痛の効果があり、アレルギー疾患には主に外用薬や吸入薬としてアトピーや喘息に良く使われています。近年アトピーにおいてステロイドの外用薬による副作用が問題になっています。ステロイドを皮膚に塗ると比較的早く炎症や浸出液が抑えられます。上手に使って徐々に離脱できると大変良い薬なのですが、漠然と長期に使うと皮膚が萎縮して色素沈着がおこり、この副作用を恐れて急に中止するとリバウンド現象がおきて以前より悪化するという悪循環に陥ることがあります。

 これを漢方医学からみると、ステロイドが皮膚の表面の熱毒や浸出液を皮膚の内側に押し込めていると考えることができます。ステロイドはあくまで熱毒や浸出液を中に押し込めて見た目をきれいにしているだけなので、急に中止すると内部に押し込められた熱毒や浸出液が外に出てきてリバウンド現象がおきると思われます。最初に熱毒や浸出液がひどい状態であればよりリバウンドは激しくなり、熱毒や浸出液の程度が軽かったり、ある程度体内に吸収されればリバウンドは比較的軽いと考えられます。

 このことより症状がひどい時にステロイドを使うことは症状を和らげることにおいて役に立ちますが、体内の熱毒や浸出液などの老廃物を解毒して排泄して体質改善をすることは最も大切なことになります。このような体質改善は私の経験からすると、漢方医学でしか行うことができないといってよいと思います。前回一貫堂医学と中国医学による体質改善のお話をしましたが、この方法が現時点では最も有効な方法であると感じております。

掲載:マイドゥー 2003年12月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る