• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。本日、小島薬局漢方堂は小島薬局本店と...
皆さん、こんにちは。 平成29年9月25日(月)に「小島薬局漢方堂」が「小島薬局本...
皆さん、こんにちは。 梅雨が明けると夏本番となり、暑さも増してきますね。夏に...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>不妊症周期療法・特別編(9)

不妊症周期療法・特別編(9) ―西洋薬との併用について―

 当店で妊娠を希望して相談される方の6割〜7割は婦人科を受診しており、受診している方の多くは病院の薬と漢方薬を併用しています。そこで今回は西洋薬と漢方薬の併用についてお話します。

 クロミッドなどの排卵誘発剤は排卵が遅れるためにタイミングが合わず、妊娠しにくい方には一定の効果があります。しかしクロミッドには子宮内膜が薄くなる、排卵前後の経管粘液(おりもの)が少なくなるという副作用があります。よって6ヶ月以上の長期使用はむしろ妊娠率が悪くなることがあります。クロミッドを使っている方には婦宝当帰膠、六味丸、杞菊地黄丸、ビタエックスなどの滋陰養血作用のある漢方薬を併用することで副作用を軽減して妊娠率を高めることができます。


 HMG―HCG療法は直接卵巣を刺激して排卵を誘発するので効果は高いですが、一部の方は卵巣の腫れや血栓ができるという副作用があります。血府逐?丸、冠元顆粒、帰調血飲第一加減、桂枝茯苓丸、爽月宝などの理気活血化痰作用のある漢方薬を併用すると副作用を未然に防止することができます。このような副作用がなければ周期療法とHMG―HCG療法の相性は比較的良く、排卵障害がある方の妊娠率を高めることができます。


 ホルモン剤は主に(1)黄体機能不全に使う黄体ホルモン製剤と(2)カウフマン療法を行う際に使われます。(1)の黄体機能不全の場合は高温期に黄体ホルモン製剤を使いますが、ホルモンを補充しているだけなので根本的な解決にはなりません。またホルモン剤の影響で生理になっても体温が下がりきらないことが多く、生理期に上記の理気活血化痰作用のある漢方薬を使い十分な排泄を行うことで次の周期への悪影響を避けるようにします。(2)のカウフマン療法は先天的な月経不順や無月経、排卵誘発剤の使いすぎによる卵巣の衰えが酷く、排卵誘発剤でも反応しなくなった場合に卵巣を休めるために行います。カウフマン療法を行う場合は排卵が起きないので、質の良い卵子を作ることを目的とした周期療法は適していません。カウフマン療法が終了した次の周期は排卵がおきる可能性があり、その際は周期療法を併用すると大変効果的です。


 上記以外にも様々なケースがありますが、西洋薬と漢方薬は上手に併用すると大変良い効果が得られることがあります。


病名別漢方治療法「不妊症周期療法」も参照してください

掲載:マイドゥー 2004年10月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る