• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 この度、漢方堂店主の小島 晃が横浜薬科大学の客員教授に就...
皆さん、こんにちは。 新入社員や、GW明けの社会人がなりやすいと言われている五...
皆さん、こんにちは。 花粉に悩まされる時季がやってきましたね。 今年の花粉飛散...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>花粉症の予防と漢方治療

花粉症の予防と漢方治療

 今年の花粉の量は前年の約10倍、例年との比較でも1.5倍〜2倍以上になるとの予測が出されています。春に飛散するスギ花粉の飛散量は前年夏の気象に大きな影響を受けるといわれています。夏に雨が少なくて、日射量が多く気温が高いと、スギは花芽をたくさんつけるといわれます。昨年の夏はまさにそのような条件の揃った猛暑でしたので、今年の花粉はかなり多量になると予想されているわけです。

 さて花粉症の症状はクシャミ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみや充血、咳、湿疹、発熱、倦怠感などがあります。これは花粉が鼻やのどの粘膜に付着して、アレルギー反応をおこすために発症すると考えられています。このような花粉症の症状を予防したり軽減するためには大きく2つの方法があります。

 1.発症したアレルギー反応を抑える方法・・・これは花粉症の症状を和らげる対症療法になります。病院の抗アレルギー薬やステロイドはこのような対症療法と考えられております。漢方薬は副作用が少なく、症状によって小青竜湯、麻黄附子細辛湯、銀翹散、インターパンチ、菊花茶などを使い分けると大変効果的です。

 2.鼻やのど、腸の粘膜を丈夫にして、花粉を寄せ付けないようにする方法・・・これは粘膜にバリアーを作る方法ですので、花粉症の予防にも発症後の治療にも効果的です。マスクやゴーグルでバリアーを作り花粉を防ぐ方法は手っ取り早く効果的ですが、付着した花粉は取り除けません。漢方薬を内服して自然治癒力を高め、粘膜にバリアーを作ることが理想です。

 「衛益顆粒」という漢方薬は、内服することで皮膚粘膜の衛気(防衛する気)を高めてバリアーを作り、花粉を防ぐことができます。「インターパンチ」は腸粘膜を丈夫にしてアレルギー反応を抑制することができます。この2種類の漢方薬を併用すると、花粉症の症状の予防と症状の軽減に大変効果的です。

掲載:マイドゥー 2005年3月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る