• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。本日、小島薬局漢方堂は小島薬局本店と...
皆さん、こんにちは。 平成29年9月25日(月)に「小島薬局漢方堂」が「小島薬局本...
皆さん、こんにちは。 梅雨が明けると夏本番となり、暑さも増してきますね。夏に...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>肩こりの漢方治療について

女性のトラブル ―肩こりの漢方治療について―

 今回は肩こりについてお話します。肩こり原因はさまざまですが、主な原因としては長時間同じ姿勢を続ける、パソコンの見すぎなどの眼精疲労、ストレスなどの精神的緊張、クーラーなどによる冷えなどがあげられます。また肥満ややせ過ぎなどで筋力が衰えていたり、なで肩など体型によっても肩こりがおきるといわれています。上記の原因により、首・肩周辺の筋肉の血行が悪くなり、筋肉中に乳酸等の老廃物が蓄積して凝りや痛みが発生します。特に女性は低血圧、冷え症の人が多いので、それに筋肉疲労が重なるとさらに血行は悪くなり悪循環に陥ってしまうのです。そこで、肩こりにならない体質にするためには、血行を促進させ、老廃物を排泄する必要があります。ファーストチョイスとしては「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」や「イチョウ葉エキス」が効果的です。

 ストレスが原因のタイプは肝の働きに問題があり、首すじ〜両肩に沿って斜めに凝りが生じることが多く見られます。肝気の流れを良くしてストレスを和らげる「加味逍遥散(かみしょうようさん)」や「抑肝散(よくかんさん)」を併用すると効果的です。

 クーラーや冷たい風に当たって悪化するタイプは首筋〜肩甲骨に沿って縦に凝りが生じることが多く見られます。冷えを改善して凝りを和らげる「葛根湯」を併用すると効果的です。

 眼精疲労が原因のタイプは肝血が不足していることが多く、「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」や「天眼(てんえん)」を併用すると効果的です。

 現代病ともいえる肩こりがおこりやすい人は運動不足の人に多いようです。日頃から運動をして老廃物をためないようにすることが大切です。また肩こりを防ぐためには、長時間同じ姿勢でいるのを避け、こまめに肩などを動かしたり、体操を行うようにしましょう。

掲載:マイドゥー 2005年7月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る