• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 花粉に悩まされる時季がやってきましたね。 今年の花粉飛散...
皆さん、こんにちは。今は一年で最も寒い時季で、風が強い日なんて本当に外に出る...
皆様、新年明けましておめでとうございます!年末年始といかがお過ごしたか?小島...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>更年期障害について1

女性のトラブル ―更年期障害について1―

 今回は更年期障害についてお話します。「黄帝内経」という漢方の古典に女性は35歳になると次第に肌の艶や、髪が衰え初め、42歳で白髪が目立ち初める。そして49歳で閉経するという記載があります。「黄帝内経」によると、女性の体は7年周期で変化し、その変化は腎精と呼ぶものによってコントロールされていると考えられています。腎精は卵巣の働きと関係が深いので、卵巣の老化は35歳前後から始まるのです。そして40代中ごろから生理の不順が始まり、50歳前後で閉経するのが普通です。

 更年期は一般に45歳から55歳前後のほぼ10年間をさします。この時期には次から次にいろんな症状が現われます。多彩な症状をおおまかに分けると、以下の4つがあります。

1.膣の乾燥、性欲減退などの卵巣機能低下による女性ホルモン不足の症状

2.冷えとのぼせ、汗かき、ほてり、動悸などの自律神経失調と思われる症状

3.不安感、落ち込み、焦燥感、不眠など精神神経症的な症状

4.頭痛、肩こり、血圧上昇、高脂血症、肥満など血行不良からくる症状

 漢方医学ではこのような多彩な症状は肝、腎の働きの低下や相互関係の乱れによるものと考えている。そのため更年期障害の基本となる肝、腎を整えて体質から改善することを考えます。しかし症状がひどい場合は、症状を改善する漢方薬も併用します。

 1.のタイプは、更年期年齢のため、卵巣機能が低下して女性ホルモンが減少しています。肝腎を補い女性ホルモンの減少を和らげる効果のある、六味丸(ろくみがん)、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)、天王補心丹(てんのうほしんたん)などを症状によって使い分けます。

 2.3.のタイプは、ストレスや環境の変化が多く、自律神経や精神状態が不安定です。肝の働きを高めて気血のめぐりを良くする、星火逍遥丸(せいかしょうようがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、抑肝散(よくかんさん)などが効果的です。

 4のタイプは、年齢や生活習慣により血液がドロドロになっています。血液をサラサラにする冠元顆粒(かんげんかりゅう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、獅帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)などが効果的です。

 次回は更年期の予防法や骨の強化法、ホルモン療法の是非についてお話します。

掲載:マイドゥー 2005年11月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る