• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

来たる12月12日(火)午前10:00〜11:30小島薬局本店2階にてヨガ教室を...
皆さん、こんにちは。 漢方医学には「以臓補臓」という考え方があります。これは...
皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。 去る10月22日(日)に、俵IVFク...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>月経前症候群(PMS)について

月経前症候群(PMS)について

 今回は月経前症候群(PMS)の漢方治療についてお話します。月経前症候群は多くの女性にみられ、ときに生活に支障をきたすことがあります。黄体期である生理2週間前から始まり、生理の開始とともに消失することが特徴です。代表的な症状としては、頭痛、むくみ、下腹部や乳房の張りや痛み、にきびや肌荒れ、便秘や下痢などの身体症状があります。また、イライラする、落ち込む、涙もろくなるといった精神症状もよく見られます。月経前症候群の症状は個人差が激しく、精神的なストレスや疲れがたまっていると、症状が悪化するといわれています。

 漢方医学では、月経前症候群は肝の働きと関係が深いと考えています。肝は気血のめぐりを調節する働きがあり、ストレスがかかると肝の働きがオーバーヒートになり、様々な症状がおきるわけです。「病は気から」といわれるように、まずは気のめぐりが悪くなります。気のめぐりが悪くなると、下腹部や乳房の張り、イライラ、落ち込むなどの張る症状と精神症状が出てきます。この段階で改善できると、大きな病気につながることはありません。しかし慢性化して、血の流れに影響がでると、いわゆる「淤血」となります。淤血になると、生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫など様々な婦人科の病気の原因になることもあります。ですから、早い段階から漢方薬で症状を改善することをお勧めします。

 ストレスが多く肝気のめぐりが悪く、下腹部や乳房の張りやイライラが強い方は、星火逍遥丸、加味逍遥散、抑肝散などの漢方薬が効果的です。

 イライラが強く慢性化すると、のぼせや吹き出物などの熱が鬱滞する症状が見られます。加味逍遥散、瀉火補腎丸、竜胆瀉肝湯などの漢方薬が効果的です。

 月経前症候群が淤血の状態に進行すると、肩こり、頭痛、生理痛などの症状が見られるようになります。冠元顆粒、キュウ帰調血飲第一加減、血府逐淤血、爽月宝などの漢方薬が効果的です。

 月経前症候群の改善にはセルフコントロールも大切です。休養と睡眠をとり、好きな音楽を聴いたり、ゆっくりお風呂に入ったり、リラックスすることを心がけるとよいでしょう。

掲載:マイドゥー 2006年5月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る