• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

来たる12月12日(火)午前10:00〜11:30小島薬局本店2階にてヨガ教室を...
皆さん、こんにちは。 漢方医学には「以臓補臓」という考え方があります。これは...
皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。 去る10月22日(日)に、俵IVFク...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>中国漢方による風邪の治し方

−中国漢方による風邪の治し方− 「漢方風邪セットの勧め」

 今回は中国漢方による風邪の治し方についてお話します。風邪は子供から大人まで、誰でも一度はかかったことがある疾患です。風邪はウィルスが細菌が鼻や口から侵入して粘膜に付着することから始まります。粘膜に入ったウィルスは増殖して、寒気・発熱・くしゃみ・鼻水・咳嗽・頭痛などの症状が出ます。風邪は誰もが平均的にひくものではなく、体力や免疫力が低下した時に患うものです。若くて体力があれば、2日〜4日で自然に治りますが、「風邪は万病のもと」と言われるように初期治療を誤るとこじらせてしまいます。特に子供や老人のように抵抗力が弱い方は、肺炎や中耳炎、副鼻腔炎などの合併症を引きおこす事もあるので注意が必要です。風邪をこじらさないようにするためには、何と言っても初期治療が大切です。初期に適切な治療を行うと、こじらせたり、合併症を引き起こすことは滅多にありません。風邪はウィルスが原因ですから、抗生物質は効果がありません。それでも風邪といえば抗生物質が処方されるのは、細菌感染による肺炎などの合併症を予防するためです。日本では風邪の初期でも抗生物質を服用することが多いため、数年前から耐性菌の問題が出ています。もし漢方薬で適切に初期治療を行えば、抗生物質を飲む機会を減らすことができ、社会的にも貢献することができます。

 さて、私の薬局では慢性病の相談が多く、風邪で相談に来る方はこじらせてしまった方や病院の薬を飲んでも治らない方が多いです。体質に合わせた漢方薬で何とか改善しますが、初期段階で漢方薬を飲んでいただければ、このようにこじらすことがないといつも感じています。そこで今年の3月から「漢方風邪常備薬セット」を作成しました。風邪の初期治療の最適な板藍茶(ばんらんちゃ)、葛根湯(かっこんとう)、涼解楽(りょうかいらく)、勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、衛益顆粒(えいえきかりゅう)などの8種類の漢方薬を入れた救急箱になっています。

 風邪の初期症状にあわせて上記の漢方薬を使い分ければ、こじらすこともなく改善することができます。症状にあわせた服用法のパンフレットも入っていますので、安心して使い分けることができます。

 実質価格は4000円以上になりますが、当店では3000円で販売しています。安い価格で販売する理由は、漢方薬による風邪の初期治療の効果を多くの方に実感していただき、普及していきたいからです。

 ご来店の際には、ぜひ「漢方風邪常備薬セット」をお求めください。

掲載:マイドゥー 2007年1月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る