• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 梅雨が明けると夏本番となり、暑さも増してきますね。夏にな...
皆さん、こんにちは。 この度、漢方堂店主の小島 晃が横浜薬科大学の客員教授に就...
皆さん、こんにちは。 新入社員や、GW明けの社会人がなりやすいと言われている五...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>メタボリックシンドロームと漢方治療2

メタボリックシンドロームと漢方治療2 −肥満、内臓脂肪について−

 今回は、肥満、高脂血症、高血糖、高血圧というメタボリックシンドロームの疾患のうち、肥満についてお話します。

 肥満は体のどの部分に脂肪がつくかによって、2つのタイプに分かれます。下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪が蓄積するタイプを洋ナシ型肥満(皮下脂肪型肥満)、内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプをリンゴ型肥満(内臓脂肪型肥満)とよびます。メタボリックシンドロームは皮下脂肪よりも内臓脂肪の蓄積が問題であり、内臓脂肪症候群ともいわれています。ですから、メタボリックシンドロームと関係が深いのはリンゴ型肥満ということになります。リンゴ型肥満は外見ではわからないことがありますが、ウエストが男性では85cm以上、女性では90cm以上であれば、リンゴ型肥満が疑われます。

 リンゴ型肥満は肉や卵、乳製品などの動物性食品や油脂類、甘い物、果物などを食べ過ぎて、内臓に脂肪がたまり代謝が追いつかない状態です。漢方医学では臓毒証体質といわれ、内臓に湿熱や淤血という老廃物が溜まっている状態と考えています。漢方治療としては、新陳代謝を高めて、大便や尿、汗などから老廃物を排泄して、体質から改善していきます。

 体質は個人差がありますが、湿熱型(しつねつがた)、痰湿型(たんしつがた)、痰淤阻滞型(たんおそたいがた)、気滞血型(きたいおけつがた)、気虚淤血型(ききょおけつがた)の5つのタイプが多く見られます。

 湿熱型は動物性食品や辛い物、アルコールを多くとり、内臓脂肪が溜まるタイプです。防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)や竜胆瀉肝湯(りゅたんしゃかんとう)が効果的です。


 痰湿型は油脂類、甘い物、果物、アルコールを多くとり、内臓脂肪が溜まるタイプです。温胆湯たん(うんとう)や加味平胃散(かみへいいさん)が効果的です。

 痰淤阻滞型は動物性食品や油脂類、甘い物、アルコールを取りすぎて、内臓脂肪が溜まり、血液がドロドロになるタイプです。温胆湯に水快宝(すいかいほう)、田七(でんしち)を併用すると効果的です。

 気滞淤血型はストレスによって過食になり、内臓脂肪が溜まり、血液がドロドロになるタイプです。大柴胡湯(だいさいことう)に水快宝、田七を併用すると効果的です。

 気虚淤血型は過労により新陳代謝が低下して、内臓脂肪が溜まり、血液がドロドロになるタイプです。防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)に水快宝、田七を併用すると効果的です。


 内臓脂肪が過多の場合は、内臓脂肪を燃焼させる三爽茶(さんそうちゃ)やアップルフェノンを併用すると効果的です。

 先日マスコミで話題なったように、納豆だけを食べて痩せることは健全ではありません。伝統的な日本食によるバランスの取れた食事を心がけましょう。

掲載:マイドゥー 2007年3月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る