• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

薬局紹介

小島薬局本店

静岡県沼津市西沢田730 [MAP]
TEL:055-926-8866

小島薬局漢方堂店内案内 イヤシロチ パンダ神社 パンダミュージアム 足岩盤浴

元気パンダの漢方日記

皆さん、こんにちは。 新入社員や、GW明けの社会人がなりやすいと言われている五月...
皆さん、こんにちは。 花粉に悩まされる時季がやってきましたね。 今年の花粉飛散...
皆さん、こんにちは。今は一年で最も寒い時季で、風が強い日なんて本当に外に出る...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>生理痛について

生理痛について −漢方で痛みを和らげる−

 生理痛は症状の軽い方からひどくて寝込んでしまう方まで様々です。多くの方は痛み止めを服用して症状を抑えていますが、繰り返している方は冷え性など体質的から改善した方がよい場合が多く見られます。

 また、子宮内膜症により生理痛がおきている方も増えてきており、この場合はきちんとした治療が必要です。子宮内膜症とは子宮内膜がなんらかの原因で卵巣や卵管あるいは腹腔内などで増殖して癒着する病気です。漢方医学から見ると生理痛や子宮内膜症は淤血の典型と考えられています。

 淤血とは血液の汚れ、滞りのことで痛む、しこる、黒ずむという3つの特徴があります。特に子宮内膜症は生理痛と黒っぽいレバー状の塊の混じった生理出血が見られまさに淤血の特徴と一致します。

 淤血の生じる原因としては1.冷え2.ストレス3.過労などが考えられます。子宮内膜症の治療にはまず淤血を取り除く事から始めます。それには爽月宝冠元顆粒桂枝茯苓丸などを使いますが、1〜3の原因に合わせて漢方薬を併用するとさらに効果的です。

 1のタイプは温経湯や婦宝当帰膠などを併用して体を温めます。

 2のタイプは逍遥散やキュウ帰調血飲第一加減などを併用してストレスを和らげます。

 3のタイプは十全大補湯補中益気湯などを併用して体力を強化します。

掲載:マイドゥー 2000年11月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る