• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

来たる12月12日(火)午前10:00〜11:30小島薬局本店2階にてヨガ教室を...
皆さん、こんにちは。 漢方医学には「以臓補臓」という考え方があります。これは...
皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。 去る10月22日(日)に、俵IVFク...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>「女性の悩みは漢方で治す」を出版しました

「女性の悩みは漢方で治す」を出版しました

 今月、知道出版社より1冊の本を出版しました。タイトルは「女性の病気は漢方で治す」です。目次は以下のようになります。


第1章、女性の悩みを救った漢方

第2章、漢方はなぜ効果があるか

第3章、自分でできる体質チェック法

第4章、赤ちゃんを授かる周期療法

第5章、漢方薬が効果的な婦人科疾患

第6章、食べるものが体を作る

第7章、よくある質問に答えて


 なお、本書で紹介した漢方薬の解説を一覧にして付録で載せています。

 さて、今回の本を書くことになったのは、今年の3月に知道出版社さんよりお手紙をいただいたことがきっかけです。私のホームページを見て、ぜひ本場の中医学を正しくアピールする本を書いてほしい、ということでした。

 マイドゥーの漢方コラムをまとめた「周期療法のお話」という小冊子は作ったことがありますが、本格的な本となると初めてになります。少し迷ったのですが、思い切って引き受けることにしました。

 私は日本中医薬研究会という中医学の研究会で学術委員を5年、学術委員長を5年間務めましたので、研究会の学術誌には論文や症例を発表してきました。しかし、一般の方に中医学の用語や知恵を分かりやすく伝えることは、専門誌に論文を書くよりも難しいところがあります。本書の目的は中医学の知恵や経験を多くの方に知ってもらうことですので、できるだけわかりやすい表現を使うことに気を配りました。

 最初は原稿を書き終えるのにどのくらい期間がかかるか予想がつかなかったのですが、仕事の合間や休日を割いて集中したため、約1ヶ月で書き終えることができました。本書で書いたことは、すべて私が日ごろの漢方相談で経験したことです。読み返してみると、現時点での私の中医学の知識や経験について、なんとか伝えることができたのではないかと思っています。


 購入はお近くの書店にお買い求めいただくか、インターネットの「アマゾン」、「イーエスブック」などでお申し込みください。


アマゾンで購入をご希望の方は

※ amazonのページにジャンプします


セブンアンドワイで購入をご希望の方

※ セブンアンドワイのページにジャンプします


 なお、小島薬局のホームページからもリンクしていますので、購入することができます。

 書籍紹介

 ぜひご一読して、ご感想をお聞かせください。

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る