• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

来たる12月12日(火)午前10:00〜11:30小島薬局本店2階にてヨガ教室を...
皆さん、こんにちは。 漢方医学には「以臓補臓」という考え方があります。これは...
皆さん、こんにちは。店主の小島 晃です。 去る10月22日(日)に、俵IVFク...

企業サイトへ

予防分野における全国実力薬局100選

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

エゴグラム

ホーム>エゴグラム

エゴグラム診断

エゴグラムの結果はいかがでしたか?
なるほどと感心したり、そんなことはないと感じたり、それぞれに感想があるのではないかと思います。エゴグラムは絶対的なものではなく、そのときの心理状態や生活環境で変わっていきます。
また、自分で分析して性格を改善したいと考えれば努力によって変えることもできます。
以下に簡単なエゴグラムの見方とエゴグラムを用いた自己変革についてのアドバイスを記しましたので参考にしてください。

エゴグラムの見方について

エゴグラムのベースとなる考えによると、人の心には3つの領域があると考えられています。1つは親の心のP、1つは大人の心のA、1つは子供の心のCです。親の心Pは父親の心CPと母親の心NPに分かれます。子供の心Pは自由な子供の心FCと順応する子供の心ACに分かれます。  
よって人の心はCP、NP、A、FC、ACの5つの領域に分けることができます。  
個人個人の性格や年齢、生活環境によってそれぞれの領域の優位や不足があり、そのバランスをグラフ化したものがエゴグラフです。  

それぞれの領域の特徴をみていきましょう。

エゴグラムを用いた自己改革について

自分を多少とも変えるということは、エゴグラムでいうとCP、NP、A、FC、ACの間のエネルギーの配分を変えることになります。
そのための注意点や各領域の変え方などをみていきましょう。

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る