漢方相談フリーダイヤル
0120-29-8866

漢方コラム

HOME 漢方コラム一覧 ― 亀鹿参の紹介 ―

― 亀鹿参の紹介 ―

小島薬局漢方堂は移転前から長年子宝相談に力をいれています。今年も10月までに37人の方から妊娠のご報告をいただきました。そのうち40歳以上の方が6名いました。40代になりますと卵巣機能が低下している方が多く見られますが、強力に補腎することで卵巣機能が改善するケースがあります。 特に鹿角・亀板・羊胎盤などの動物性の補腎薬は「血肉有情之品」といわれ、腎精を補う効果が非常に優れています。今までも参茸補血丸や参馬補腎丸、海精宝などの優れた補腎薬がありましたが、9月より「亀鹿参」という素晴らしい補腎薬が加わりました。

「亀鹿参」は先月号でも紹介した、新日本漢方株式会社が開発したオリジナル配合の漢方製剤です。



「亀鹿参」前記の鹿角・亀板・羊胎盤が主薬で、補腎薬の黒蟻・枸杞子、活血薬の紅花・鶏血藤・田七を配合して効果を高めています。

「亀鹿参」は強力な補腎薬なので、不妊症・更年期障害・骨粗鬆症・認知症などに効果が期待できます。

不妊症のお客様に飲んで頂いた手応えでは、卵巣機能を高めて卵子の質を良くする効果が優れています。

「亀鹿参」は「腎精を強力に補い、ホルモン活性化に優れた」漢方製剤です。


掲載:マイドゥー 2012年12月号