• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

  今さらなのですが…(*ノωノ)10月からOTC商品が増えました 処方箋や漢方薬以外...
こんにちは漢方堂スタッフ山田です? 昨日は富士のロゼシアターで行われたジネコの...
すっかり秋になりましたね夜は毛布が手放せない漢方堂スタッフ山田です 今月から...

実力薬局100選

健康フェア

企業サイトへ

パンダ保育園

マイナビ2019

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>夏の暑さ対策に麦味参顆粒を活用しましょう!

−夏の暑さ対策に麦味参顆粒を活用しましょう!−

気象庁によると、今年の夏は例年より暑い猛暑が予測されていますね。体力が弱い子供や高齢者だけでなく、ふだん健康な方も暑さで熱中症になる恐れがあります。

熱中症というと暑さで汗を大量にかいて脱水になるイメージがあると思います。実は自律神経のバランスが悪いため汗が十分に出ず、熱がこもって意識が混濁するケースが多く見られます。一方、最近増えているのは高齢者が自宅で深夜から明け方に熱中症になるケースです。暑い夜は寝ている間も多量の汗をかきやすく脱水症状になりやすいので危険なのです。このように水分の調節は難しく、汗は多すぎても少なすぎても良くないのです。

それでは、夏に水分をたくさん補給すると熱中症は予防できるかというと、それほど単純な話ではありません。特に運動不足の方や室内に多くいる方は必ずしも汗を多くかいていません。このような方が冷たい水を多く飲むと、胃腸が冷えてしまい、体が不調になることがあります。

つまり、飲んだ水分が必ずしも細胞に行き渡るわけではないのです。大切なことは体の「保水力」を高めることです!


さて、漢方医学では水分を消耗すると「気」と「陰」が一緒に消耗されると考えています。つまり「気」と「陰」を補うことで、体の「保水力」が高まるのです。気と陰を補い、保水力を高める代表的な漢方薬が「麦味参顆粒」です。


麦味参顆粒


「麦味参顆粒」は中国では“生脈散”といわれ、まさに心臓を元気にして脈を生む「熱中症予防」の王様と言える漢方薬です。

スポーツドリンクと一緒に溶かして毎日飲んでいると、元気に夏を乗り切ることができます。また、スポーツや山登りのお供としても最適です。

「麦味参顆粒」はいつでも店頭に置いていますので、お気軽にご来店ください。



掲載:マイドゥー 2018年7月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る