• リンク集
  • サイトマップ
漢方相談フリーダイヤル0120-649-387
名前から選ぶ
症状から選ぶ

a

a

a

最新のエントリー

中国漢方コラム

手相漢方

不妊周期療法

婦人科疾患の漢方療法

がんと漢方薬

中医学とアレルギー

漢方医学による体質改善

メタボリックシンドローム

漢方堂式ダイエット

その他の疾患

主力製品の紹介

小島薬局本店・漢方堂

漢方堂ブログ

  今さらなのですが…(*ノωノ)10月からOTC商品が増えました 処方箋や漢方薬以外...
こんにちは漢方堂スタッフ山田です? 昨日は富士のロゼシアターで行われたジネコの...
すっかり秋になりましたね夜は毛布が手放せない漢方堂スタッフ山田です 今月から...

実力薬局100選

健康フェア

企業サイトへ

パンダ保育園

マイナビ2019

B-plus経営者インタビュー

エゴグラム

モバイルサイト

漢方コラム

ホーム>漢方コラム>インフルエンザを撃退しましょう!

−インフルエンザを撃退しましょう!−

今年のインフルエンザの流行は例年より早いようですね。9月に学級閉鎖があったことは驚きましたが、現在の日本では9月〜5月がインフルエンザの感染に注意が必要な時期となっています。これは1年の3/4の期間に該当します。これからは冬だけでなく長期間インフルエンザの感染予防をする必要があります。

インフルエンザは急に発症する38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などに加えて、咽喉痛、咳、鼻炎などの症状も見られます。通常は約1週間で治りますが、小児や高齢者などの免疫力が弱い方は重症化することがありますので、注意が必要です。

厚生省ではインフルエンザの予防にインフルエンザワクチンを勧めていますが、インフルエンザウイルスは様々なタイプがあるので、効果がないケースもあります。まずは十分に休養をとり、食養生を行い、過労やストレスを避けて、体力や免疫力を高めることを心がけましょう。インフルエンザは鼻や咽喉などから飛沫感染しますので、人ごみを避けて、外出後はしっかりと手洗い、うがいを行うことも大切です。


中国の家庭や学校では、風邪やインフルエンザが流行する時期に板藍根(ばんらんこん)を煎じて飲んだり、うがいをすることが常識になっています。板藍根は副作用が少なく、予防にも治療にも効果的です。昔の人が経験で発見した「天然の抗ウイルス薬」といったところでしょうか。当店では飲みやすい顆粒タイプの「板藍茶」や「板藍のど飴」が大変好評です。


また、手軽な予防法として、噴霧製品の「セイバーZ」が大変好評をいただいています。「セイバーZ」は安定型次亜塩素酸ナトリウム単一製剤で、除菌効力が長く持続するという特長があります。「セイバーZ」はインフルエンザ、ノロウイルスをはじめコロナウイルスやO−157にも有効であることが第三者機関によって検証されています。

まさに板藍茶とセイバーZは、インフルエンザの予防とウイルス除去に最強の組み合わせです
もし、インフルエンザにかかってしまったときは、涼解楽+板藍茶の組み合わせを飲むと大変効果的です。常備薬として薬箱に入れておくことをお勧めします!

うがい、手洗い、板藍茶+セイバーZ、そして漢方薬でインフルエンザを撃退しましょう!



掲載:マイドゥー 2018年11月号

お問合せフォーム
お問合せメールアドレス

ページトップへ戻る